多文化教員とは

多文化教員とは

多文化教員とは,多様な言語文化を背景とする児童・生徒の指導、支援、学習環境づくりに携わる人のことである。

これまでの研究で,多文化教員には以下のような資質・能力が求められることが明らかになっている(齋藤2011)。

 

 

多様な言語文化背景をもつ子どもたちへの教育を実践するための力

 

(1)学校現場での支援活動や実習を通して、そこで見られた事象を洞察し、学んだ知識と照応させながらその子どもの教育課題を設定する力であり、事象を子どもの立場に立って理解する「共感力」。

 

(2)共感的理解に基づき、当該学校現場のそれぞれの状況に鑑み、その課題を解決する「現場力」「多様な言語文化背景をもつ子どもたち」と共に成長する教員の資質・能力

img1

 

 

上記の教育実践力を基盤とした上で,さらに

 

(1)教師として成長する力

(2)言語的文化的に背景が異なる少数派の子どもたちの社会的位置に関する認識を形成し,そういった子どもたちを取り巻く学習環境のデザインに積極的に関わる力「社会実践力」

 

が必要である。

img2